花粉症とキンモクセイ

花粉症の原因になっている植物や樹木というのは色々とありますが花粉症の原因の一つにキンモクセイがあります。花粉症に悩む人の中にはキンモクセイの香りがだめだという人もいますね。実際にキンモクセイの花粉が原因で花粉症になっているのかはわかりませんが、キンモクセイの香りをかいだだけで花粉症になるという人も中にはいるようですから、これは大変ですよね。私も以前住んでいた家の庭にはキンモクセイの樹木がありました。続きを読む →

花粉症と泡盛

花粉症には泡盛がいいといわれているんですが知っていましたか?泡盛と言えば、沖縄の特有のお酒ですが、泡盛が花粉症に効果があるという情報が流れたのが2007年の花粉症ピークを迎える少し前だったようです。はじめはインターネット上で泡盛が花粉症に効くという噂が広まったのですが、その後色々なメディアで花粉症と泡盛の関係については取り上げられてきました。テレビのニュース番組でも放送されて泡盛が花粉症に効果があると沖縄からの生中継もしていたんだそうです。続きを読む →

花粉症の原因の一つニセイタカアワダチソウという草があります。

この草、茎の高さがかなりあって、1メートルから3メートルにまで成長するんだそうですよ。しかも多年草だそうで、一年を通して花粉症の症状のセイタカアワダチソウが生えているといってもいいと思います。もともとは北アメリカで生育されていた植物だったのですが、明治時代以降に日本では鑑賞用として作られていたのが、戦後には栽培しなくても河原や空き地などに急に増えて行って野生化して今は雑草のように野生化したセイタカアワダチソウを見ることができます。続きを読む →

セラミックインレー治療

虫歯になったら、一般的には歯科医院で虫歯を削って失った部分を別の材料で再建します。虫歯の大きさや、深さ、材料の材質でその方法も様々です。

保険内診療で歯を再建する場合は、小さいものなら詰めるだけのレジンという材料で治せ、これは白い素材なので歯と馴染みやすいですが、擦り減りやすく変色したり、二次虫歯になりやすいというデメリットもあります。続きを読む →

FAPホワイトニング

FAPホワイトニングとは、審美歯科などで行われているオフィスホワイトニングの一種で、フッ化アパタイト(FAP)という薬剤を用いて行うホワイトニングのことです。一般的なホワイトニングより歯の白さを持続させる効果が高いと言われています。
FAPホワイトニングは日本国内で、日本人のために開発された施術法であり、特許も取得しているので、安心して受けることができます。

FAPホワイトニングは通常のホワイトニング同様、ホワイトニング剤を塗布して着色汚れを取り除いた後、あらためてFAPを塗布し歯に吸着させます。
フッ化アパタイトとは強化カルシウムのことで、私たちの歯や骨に含まれるカルシウムと非常によく似ている成分で、歯の質を強化する作用もあり、虫歯予防の効果もあります。

一般的なホワイトニングでは、薬剤を使って歯の表面を凹凸にし、光の反射を利用して白っぽく見せる仕組みですが、その凹凸にコーヒーや紅茶などの色素が付着しやすいために、歯の色の戻りがすぐに起こってしまいます。

FAPホワイトニングでは、この歯の表面の凹凸にフッ化アパタイトを5層ほど重ねて吸着させるので、歯の表面がツルツルになって、色も後戻りしにくくなります。また、歯の表面のエナメル質が保護され、より白く、つやのある美しい歯を形成することができます。さらに、歯を強化することで、虫歯になりにくくするという長所もあります。

特に日本人は、エナメル質が薄い傾向にあるので、FAPホワイトニングでエナメル質を保護することは非常に効果的と言えるのではないでしょうか。カードキャッシングを比較してみた

インプラント治療のデメリット

インプラント治療は、歯周病や外傷などにより歯を失ってしまった場合、その機能を補う方法として有効な処置のひとつです。治療法としては、失ってしまった自分の歯のかわりに人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯を取り付けることで噛み合わせを回復します。
続きを読む →

歯を白くするパーマネントマニキュア

パーマネントマニキュアとは、歯に特殊な樹脂のマニキュアを塗ることで、白さとつやを出す方法です。ホワイトニング以外で歯を白くする方法のひとつであり、爪のマニキュア同様、手軽に色をつけられるというメリットがあります。

歯を削ったりすることなく白い歯を得られるのは、ホワイトニングとこのパーマネントマニキュアで、ホワイトニングが歯の着色汚れを分解し、本来の白さを取り戻す方法であるのに対し、パーマネントマニキュアは人工的に色をつけることで白く見せる方法となっています。
続きを読む →

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯が根元から失われてしまった場合に、人工の歯根(インプラント)を埋入し、あごの骨と一体化させ、人工歯根の上部に人工の歯(セラミック製の歯)を被せる治療です。

インプラント治療のメリットは、骨としっかり一体化させるのでぐらつきがなく、自分の歯と同じ感覚で食事をすることが出来るうえに、入れ歯のように噛む力が健康な状態に比べて30~40%程度に落ちたり、 固定するために両隣の歯を削る必要がありません。続きを読む →

レーザーホワイトニング

レーザーホワイトニングとは、クリニックで行うオフィスホワイトニングの一種で、ホワイトニング剤を塗布した歯にレーザー光を照射することで歯を白くする方法です。即効性のあるオフィスホワイトニングのひとつで、今最も主流となっている方法でもあります。

歯は色の濃い飲食物の摂取や、喫煙習慣、加齢などにより変色し、徐々に白さが失われていきます。ホワイトニングとは歯のアパタイトという結晶構造の隙間に沈着した色素汚れを取り除き、白くすることを言います。続きを読む →